転職回数と起業率は比例するのでは?と経験者としては思う。

現状に納得できない事で起業するから。

そして、転職回数が多い事は、『職歴的に良くない』と考える人もいる。

否定も肯定もしないが、1つの会社でサラリーマン人生を全うしてきた人よりも視野が広いのは事実。

その分、可能性の拡がりやチャンスも多い。

年齢を経てもチャレンジングな気持ち/スタイルを持ち続けられる人の場合、転職は何度でもいい。

成長できるからだ。

スポンサーリンク

スタートアップのベンチャー企業に就業規則を求める事は『ナンセンス』

1つの組織にしがみつく、ハングリーさが失われる様な安定志向の人には向かない。

チャレンジングな気持ちを維持できない人は、1社にずっと依存したらいいと思う。

ただ、このご時世で1社にしがみついてサラリーマンとして生きる事しか出来ない人は、

中小企業のスタートアップの人材採用としては要らない。

アグレッシブさや果敢さが無く、飼いならされた犬だから。

 

『指示待ちくん』や『口だけ達者』では会社を成長させられず、むしろ高速PDCAの弊害になる。

スタートアップのベンチャー企業に就業規則を求める事は『ナンセンス』と気づく事すら出来ない様な人材は要らない。

語弊を産んでしまう表現で申し訳ないが、スタートアップのベンチャー企業は、ブラック企業で当たりまえ。

労働基準法を守っていたら、絶対に倒産する。そんな残業代をスタートアップのキャッシュフローで払えるわけがない。

能力が非常に高い人間だけでスタートアップの小数精鋭の高収益な企業を最初から誰でも作られるかどうか?

を考えれば当然の成り行きだ。

損益分岐点突破まで、社長を筆頭に会社組織として全身全霊で仕事をする必要が有る。休みもくそもない。

従業員もどこから給与が出ているのか?という事を理解出来ない様な人は不要。給料泥棒で無駄な金(人材)だ。

規模の拡大とともに、分業と効率化を検討し、就労条件は改善していくべきもの。

ホント意見が偏りまくり。酷いね。笑。